勉強会・講演会

勉強会・講演会
「博友会」令和4年10月

「博友会」宗教と政治 コロナ騒動が一休みされる中、9か月ぶりに「博友会」が開催された。 『文藝春秋』10月号で「統一教会と創価学会」が特集された。 巻頭で「政教分離から暗黒史、安倍国葬まで語りつくす」という25頁の大特集 […]

続きを読む
勉強会・講演会
昭和維新運動の源流 嗚呼 朝日平吾烈士

朝日平吾烈士祥月御命日 大正10(1921)年9月28日、昭和維新運動の源流となる衝撃が起こった。安田財閥の祖である悪辣なる安田善次郎を朝日平吾という壮士が「深刻で意義のある」古武士的犠牲の精神による「大正維新」を決行し […]

続きを読む
勉強会・講演会
故安倍晋三国葬儀で追悼の辞を述べる岸田文雄.内閣府
国葬は「大喪の礼」だけでよい

「大喪の礼」は、皇室典範25条・天皇の退位等に関する皇室典範特例法3条3項に規定された明記された「天皇又は上皇の国葬」である。
戦前には「国葬令」はあったが廃止されているので、国民の「国葬」の実施判断に明確な基準がない状況にある。

続きを読む
勉強会・講演会
アジア文化研究学会納涼会

アジア文化研究学会納涼会 琉球料理「みやらび」。主人の川田禮子さんは琉球舞踊、冠船流の家元としてつとに有名である。昭和8年沖縄に生まれる。四歳から琉球舞踊の世界に入り、七歳の頃から“天才少女”と賞賛された方である。 三線 […]

続きを読む
勉強会・講演会
西山一門代紋
梁瀬幸裕大人之命 祥月命日

令和二年七月二十二日未明に心不全により永眠された。享年五十七歳。
梁瀬君は、昭和維新連盟三代目会長薗田新氏の御長男で、若くして愛国陣営に身を投じた強者であった。

続きを読む
勉強会・講演会
1946年に撮られた損傷復旧後のオーストラリア号
神風特別攻撃隊とは何か 其の四 特攻第0号

公式には関行男大尉が大東亜戦争に於いての「特攻第一号」とされている。
大戦中の日本国内で新聞や映画ニュース等により戦争の英雄として大きく報じられた。
しかし、神風特別攻撃隊の出撃記録をチェックすると、この話には疑義が残る。
連合艦隊布告の「特攻一号」は関行男大尉、「特攻0号」は久納好孚中尉と言われている事だ?
関行男大尉率いる敷島隊出撃が、昭和19年10月25日10時45分。
セブ基地から大和隊の久納中尉が出撃したのは10月21日。

続きを読む
勉強会・講演会
六・四天安門事件33周年抗議集会
六・四天安門事件33周年抗議集会

天安門事件の犠牲者たちを追悼する「六・四天安門事件33周年抗議集会」が開催された。支那共産党の迫害から逃れる為、自由の闘士たちは已む無く国外に逃れた。無念と真の自由への熱い希求の思いを各氏が情熱的に語った。

続きを読む
勉強会・講演会
令和四年 楠公祭

皇紀二千六百八十二年 楠公祭 乃木神社尚武館において「楠公祭」が斎行された。楠公祭とは、南北朝時代、湊川の戦で刀折れ矢尽き散っていった忠義の人、楠正成の命日(旧暦五月二十五日)にその慰霊顕彰するお祭りである。 楠公祭 【 […]

続きを読む
勉強会・講演会
2022.05.08 日本の中立外交を要求する国民大会
「日本の中立外交を要求する国民大会」

「ウクライナ侵攻」という名の「露宇戦争」により、戦争概念がまた変えられた様だ。ロシアによる「ウクライナ侵攻」という名の戦争に対し我が日本は、戦時交戦国双方に対して公平義務を保って戦争の圏外に立ち、戦争を否定した平和主義の立場からの中立であるべきである。

続きを読む
勉強会・講演会
靖國神社清掃奉仕【令和四年皐月】

皇紀二千六百八十二年(令和四年皐月) 令和4年5月靖國神社清掃奉仕活動報告。 靖國神社について 靖國神社やすくにじんじゃは九段坂の坂上に東面して鎮座し、日本の軍人・軍属等を主な祭神として祀る。勅祭社で旧別格官幣社。境内は […]

続きを読む